鍼灸パルシェ 東洋医学で日々の暮らしをポジティブに

鍼灸師の知識と、本から得た着想をヒントに、皆様が「ごきげん」に暮らせるヒントを発信中

タグ:東洋医学

体質別の話を書こうと思っていましたが、
ちょうど透明な鼻水を垂らして帰ってきたので、
自宅でツボをしっかりと温めてみました!!!


風邪の症状がある時は、
首の下〜肩甲骨の間をしっかり温めることがPOINT⭐️

ツボの名前でいうと、
①大椎(だいつい)、②風門(ふうもん)、③肺兪(はいゆ)付近

FullSizeRender

この辺りには、呼吸器をコントロールしているツボがたくさん集合しているので、
一気にまとめて、
広い範囲で、じんわり、ゆっくり、深〜く温めることがポイントです!


子供はじっとしていないので、自宅でお灸をすることは難しいです。

ですので、ペットボトルに温かいお湯を入れて、
コンビニで売っているホットのお茶くらいかな?
私はハンカチを当てながら、くっつけたり、離したりしながら、
時間をかけて温めて行きます。


IMG_8639

ツボを触っている感覚の話になるのですが、
ツボの表面だけ温かく、まだ底冷え状態が残っていると、
3秒くらい触っていると、じんわり冷たさが手のひらに伝わってきます。

この状態だと、まだツボが熱を求めています!

もう少し、じんわり、ゆっくり温めてあげることで、
ツボ全体に、しっかり熱が加わる感じがあります。

こうなると、温め成功です!!!!!


いきなり、熱めの温度を加えてしまうと、
熱を蒸発しようとする力が働くので、
逆に発散を促してしまい、熱を放出させてしまいます。


温かい温度で、じっくり、ゆっくりが大切なキーワードです♪



このあたりにあるツボで
④身柱(しんちゅう)があります。

「身体の柱」という名前がついている通り、
子供の発育には、とても大切なツボです。

少し虚弱体質の子や、よく風邪をひく子は、
この身柱を常日頃から、
じっくり温めてあげることが大切です。


1歳前の赤ちゃんなら、
ミルクを作ったついでに、1分くらい当てておくでもいいですし、
温かい手のひらで触りながら、
一緒に遊ぶでもよし!

私はついつい、YouTubeに頼ってしまいますが、その間はじっとしてるので好都合なお灸タイムです♪


元気な時にこそ、
じっくり、ゆっくり、ツボを温めてあげることが大切です♪






明日、鼻水が止まっているといいな!

それよりも、背中を温めてから眠りについたおかげか、
今日はいつもより、深い眠りについている感じ!

= 私のパラダイスtimeが長めに確保されるので、一石二鳥です!

ブログを書いて、Netflix2本、見て、
見事にリベンジ夜更かしです笑



この時期は、風邪をひいていなくても、冷えで鼻水が出る季節ですので、
背中をゆっくり、じっくり温めること。

時間のある時で大丈夫!
是非、試してみてくださいね!

前置きが長くなってしまいましたが、
どんな風に私が活用しているのか
簡単に書いて起きたいと思います!


息子くんのあだ名を…とっくんにしますね!


とっくんは、「生まれた時からイヤイヤ期」と私は表現しているのですが、
自我がとても強い子で
自分の意思をしっかり持っているタイプです。


陰キャ、陽キャの回でも軽く触れましたが、
発散が得意な陽キャに属していると思います。


基本体質は、五臓六腑の繋がりで考えるのですが
(この辺はそのうち説明するので、サラッと流してもらって大丈夫!)

肝タイプの母親と、
肺タイプの父親から生まれた

肝タイプだと思われます。
私に似ているので、彼の言い分が手にとるようにわかる笑



しかし、子供は日々成長しているので、
この段階でこういう体質!と、決めつけるのではなくて、
「今は肝タイプの要素が強いな〜」程度で思っています。


この肝タイプというのは、
いわゆる癇癪(かんしゃく)を起こしやすいタイプ
スーパーで駄々をこねているのは、きっとこのタイプが多いと思います。

まさしく、「生まれた時からイヤイヤ期」!
とっくんも、カートから脱走して、納豆のパックを持ちながら、裸足で原信を歩いた経験あり…


しかし、裏を返すと、夢中になれるものへの集中力が半端ない!

とっくんは、魚系が大好き!
(マリンピアに連れて行きすぎたのかも…)

魚カードを眺めたり、並べたり、
魚図鑑を見て「いるか!たこ!」と、指差ししながら教えてくれる、集中力はピカイチです!

将来は、学者タイプか?なんて、思いながら、
彼の好きなものへの集中力を、今は伸ばしてあげたいなと思っています。



こういう感じで、東洋医学の体質がわかると、
病気のことだけでなく、基本の性格、集中力の上げ方、などなど

なんとなく、どういうタイプで、どういう接し方をすればいいのかが分かるので、
扱いやすいのかも。。。
私に似ているから、特に扱いやすい!!


また、好きな味覚からも、体質が予想できるので、
食事の味付けもしやすくなります。


肝タイプは、酸味を好みます。

とっくんは、もずく酢を酢ごと飲み干すので、
ちょっと心配になりますが、酸味が大好き!

その反面、甘いものは好みません。
クッキー系のおやつは、園では食べるのに、家では食べません。
封を開けたクッキーは、大概私が食べる羽目に…


けど、まぁ、体質的に求めてないので、全く気にしていません。


世の中には、リーダータイプの子もいれば、
マイペースな子もいたり、
やることを促してあげた方が、乗っていけるタイプの子もいたり、
視野が広く、いろんな遊びを同時進行を進める方が得意な子もいたり、
みんなそれぞれ特徴があります。


東洋医学を知っていると、
色々な応用が効くのでとても便利です!



とっくんの特徴は、
グッと集中する反面、一気に沸点まで達します。
その勢いの早いこと。

ですので、常日頃から、
頭に血が登ることを鎮めるように意識して、鍼をしています。

鍼を出すのがめんどくさい時が6割くらいあるので、
手でツボ押しをします笑


耳の上、側頭部と呼ばれる部分を
シャンプーをしながらや、TVを見ながら押してあげたり、

身柱(しんちゅう)と肝兪(かんゆ)いうツボを手で温めたり。


背骨に沿って、上から下へ
1秒間に5㎝進むスピードで撫で下ろします。
(このスピード感大切!
これは、とっくんでいろんなパターンを試したけれど、このスピードがハマれば、面白いように癇癪が沈む、イヤイヤ期におすすめ)


やっていることはこのくらいです。


あとは、鼻水が出たら、肺のツボを足してみたり、
おへそを温めたり。

その時の症状によって追加しますが、

元気な時にする鍼が子供にとっては一番いい鍼なので、
体質に合わせた基本動作を3つくらい覚えたら
あとは、時間のある時に、さすってあげるだけ!!!!



できそうかな?
鍼灸師だから簡単なのかな…

けど、きっと、ママならできる!www



これは、とっくんの1事例なので、
次からは、体質の解説とツボの解説をして行きますね!





















私には一人息子がいます。

彼は、生後75日で集団生活を始めました。

集団生活を始めると、風邪や感染症をもらいやすくなり、
仕事の途中でお迎えコールがなる…
先輩ママさんや、子育ての漫画を読んでいるとそんなことが書かれていて、
我が家もどのくらい呼び出しがあるんだろうか…
とても心配をしていました。

しかし、蓋を開けると、
お呼び出しがあったのは、たった1回だけ
発熱したのは、全員がかかるとされている突発性発疹のときのみ

コロナウイルスの関係で、
先生たちが、消毒や換気を徹底してくださっているおかげかもしれません。

子供は一人なので、
彼自身の個体差なのか。
常日頃から、彼の健康に目を向けているからなのか。

真実は、正直わからないところではあります。

しかし、東洋医学の人を診る知識は、
言葉を話せない&うまく言葉で表現できない子供たちや、
障害のある方の、お役に立てるのではないかと思いました。


東洋医学は、患者さんの発する言葉以外に
脈を触って、体を触って、舌をみて、顔色を見て、匂いや声のトーン、足音まで
さまざまな感性を研ぎ澄ませて、総合的に判断します。


他人を診るのは大変かもしれませんが、
自分の家族を見るのは、ちょっとの知識があれば大丈夫!

どんな名医より、ママパパが最高の名医ですから。



病気でなくても、いいんです!東洋医学は予防医学ですから

正直、我が子だと、適当にやってもいいか♪くらいの気持ちでしたが、
皆さんのお伝えするには、知識の裏付けが足りなくて、
子供の漢方や小児マッサージなどの書物を読みました。

しかしどれも、
「発熱したら〇〇」「便秘なら〇〇」で、なんか違う。。。


書かれている年代もあるのか。
書いているのが、男性目線なのだろうか。

女性の社会進出に伴い、「ワーママ」というワードが、ここ3年くらいで出来上がった今のご時世。
どうも育児をしている女性の気持ちが分かってない!


子供が風邪をひいた時点で、親は大変なので、
いかに、風邪を引かさないか。
いかに、便秘で苦しまないか。
その前段階が必要なのに、
これについて書いているものが1冊もない!!!!



けど、これって、
未病と呼ばれる分野なので、
我々、鍼灸師の大得意な分野なんだなと気がつきました。


そもそもの考えの根底にあるもの。
それは、病気だから鍼をするわけではなくて、
元気な状態を持続させるために、私は子供に鍼をしています。


なので我が家の息子くんは、特に病気の症状があるわけでもない、なんでもない日。

それも、毎日ではなくて、
私の心の余裕がある日のみ!

家事が早く終わった日とか、
早くお迎えに行けて、夜の時間にゆとりがある日。

そんな時に、
「あ、今日鍼しよっと!」
こんな感じで行っています。



子育て中のママパパは、鍼に通わせたいと思っても、通うことすら大変です!
だから、通わなくていいと思います笑

どのくらい文字でお伝えできるのか、正直不安なところもありますが、
ご家庭でできる、健康維持の鍼を、
全力でサポートできたら、嬉しいです。


子供がいない方も、
手当は誰にしてもいいものです。

自分自身にしてもよし!
お母さんお父さん
旦那さん

ご家族にぜひ、暖かい手を差し伸べてあげてくださいね!

寒くなりましたね…

今年は、半袖からセータへ
こんなワードが当てはまるような、急な冷え込みで体がパニックを起こしています。


今年は、急激な冷え込みによる
冷えのぼせによる症状が多発しています。


異常な肩こりであったり、
体のだるさ
ため息が出るやる気のなさ…

この肩こりは、労働による肩こりではなくて、
体に冷えが侵入したことによる肩こりです。




子供たちの間では、扁桃腺が腫れる風邪が流行っているそうです。
喉が腫れる風邪症状は、喉のあたりに熱が停滞することで痛くなります。



扁桃腺の腫れも
この秋の肩こりも
起こる体の仕組みは一緒です。


熱が停滞する場所が、喉なのか、肩なのか。

ちょっと専門的な話になると、
どの経絡に熱が停滞するのかによって、現れる症状が違います。




熱の停滞とは?

熱が停滞する原因は、外からの冷えが侵入してきて起こります。


体の中に住んでいる熱 VS 侵入者の冷え 


【秋の冷えの陣】とでも、名付けましょうか。

この戦いにより、冷えが優勢になると、
熱の領地からどんどん上へ追いやられた熱軍が
喉のあたりに集合して起こりうるのが
扁桃腺の風邪の原因です。


この場合は、だいたい、胃腸からの冷えの侵入により起きるので、
夏の間に胃腸を冷やした子に起きやすいです。
(体質もあるので、必ずではありませんが…)



足元から冷えが侵入し、
熱軍が肩周辺に追いやられると
この時期の異常な肩こりになるので、
この場合は、足元から冷え軍が陣地を広げてきたことが原因です。




【秋の冷えの陣】の戦いで

熱軍が勝利する子は、風邪を引かず。
冷え軍が勝利してしまうと、風邪を引いてしまう。


東洋医学ではこんな感じで、
熱と冷えの攻防戦を
どの場所で、どんな勢いで、どこから侵入してきて、どこへ逃げたのか。



これを、元通りにしてあげることが私の仕事です。
交通整備のようなものですね!




体で起きている仕組みが理解できると、
今はどこを温めたら症状が楽になるのか、を知ることができるので、

家族みんなの健康管理に繋がります。



今、喉の風邪をひきそうな方は、是非おへその上やお腹周りを温めてあげてください!

異常な肩こりの方は、足元を温めると同時に
肩甲骨をぐるぐる回して、
肩周りにたむろしている熱軍を全身に巡らせてあげてください!

ゴリゴリいうくらい、大きく大きく肩を回すことがポイントです。



逆を言えば、肩にたむろしている熱軍が全身に散らばるので、
冷え解消にも繋がります。

足元が冷えて困っている方も、
ぜひ肩を回してあげてくださいね!!!!



明石家さんまさんは、
風邪を引きそうと思ったら、
脳内で風邪のウイルスを自分の体から追い出すシーンをイメージして
実際の風邪症状をも、和らげてしまうそうです。

ほんまでっかTVで、誰かしらの先生が
実際にイメージによる病の克服法があるとお話されていました。



体の冷えや熱も同じこと。

ぜひ、脳内で肩の上に熱軍がいることを想像して、
足元にこの熱を運んで上げるイメージをして、
今年の急激な冷えに打ち勝ちましょうね!!!



※熱軍と冷え軍のイラストを描こうと頑張ったけど…
私の画力では難しくて諦めました…







 

寒くなりましたね〜
季節も、秋から冬モードとなり、寒さを感じ始めるようになりました。

そろそろ、パルシェの患者さんのお体も
冬っぽくなってきたなと感じることが増えてきて、
私は、患者さんの体から、季節が変わったなと教えられています。


日常よく目にするのは「冷え性」
人が感じていること、自覚症状の一つ、のようなニュアンスで表現されていますが、

東洋医学の世界では、「冷え証」と表し、
冷えも病の一つとして考えます。

どうして、冷えているとよくないのでしょうか?

「冷えは万病のもと」
よく耳にする言葉です。

人の免疫は、36.5℃から正常に動き出しますので
体温が1℃高いか低いかは、とても大きな違いです。

人の体は、ほとんどタンパク質で、できています。

冷凍庫のお肉よりは、常温のお肉の方が
血色もよく、動きも柔らかく、機能的にも良く動く感じがしませんか?
料理をしている方なら、想像できると思います。

それだけ、体が温かいというのは、
体の機能をよりよく発揮するためには
大切な条件であると言えます。


冷えがきついと夜眠れなくなったり、
生理痛の原因になったり
不妊症と冷えの関係を調べた結果もあったり

寒いと
外出するのも億劫になったり、

肩こりの原因にもなったり。

書ききれないたくさんの細かなストレスが体に作用するので、
冷えているよりは冷えていない方がいい!

私はそう思います。


体質を重要視するのが、鍼灸師らしい冷え対策です

冷え性にもいろいろなタイプがあり、
手足が冷えるタイプや全身が冷えるタイプなど
冷える場所によって
区分されています。

私は鍼灸師なので、
冷える場所はもちろん重要視していますが、

冷えによって引き起こされる症状によって、
それぞれ、対処するアプローチ方法が違ってきます。


全部で5パターンあり、
書いているとどんどん長くなってしまい、文字だけで表現するのが難しい!


さらっと、説明させていただきます。
皆さんはどの体質に当てはまりますか?





手足だけ冷えるけれど、ちょっと動くとすぐ温まる。唇が白くなるタイプ
 →手足まで行き届くだけの血が足りない体質さん。プチ貧血、血液濃度が薄いタイプの方々
動くと、血液循環が良くなるので比較的すぐに体が温まります。冷えのぼせが起きやすいタイプでもあります。



②足も冷えているけれど…お腹やお尻周りの冷えが特に気になる色白さん
→そもそもの体質として、筋肉がつきにくいタイプなので、冷えやすい体質。むくみやすく、冷えやすい
お腹の弱さが、冷えによってさらに助長されます。食後に眠くなるのは、胃腸が冷えているからかも!?



③寒くなると冷えより、肩こりがひどくなるタイプ
→冷え性というよりは、寒がりな方に多いです。発散が苦手なので、寒くなると肩こりがひどくなります。
冷えを透明な鼻水として、対処できるタイプなので、冷えると鼻水がよく出るタイプです。



④全身寒い!体の中も外も冷えていて、特に腰や下半身が冷たいタイプ
→血行が悪く疲れやすい。そもそも、体を温める体力が低下していることが多いです。体の芯の体温が低いので、35℃代の体温の方が多い。
体質的に、少し体が弱めなので、ご本人も自覚している方が多いです。



⑤冷えると血圧が上がるかも!?タイプ
→元々、血液の流れが滞りやすい方が、寒さでさらに流れが悪くなるタイプ
冷えると唇が紫色になりやすく、体のあちこちに痛みを感じることも。こういう方は、血管系の病気に気をつけた方が良いタイプ



体質を知ると、自分らしい対策が見つかる近道です

大きく分けて、5つに分解してみました。
残念なことに、混合型という方もいて、長年の冷えで元々①タイプだったけど④に移行しちゃったという方もいらっしゃいます。
こうなると、ちょっとややこしい…笑

しかし、絶対、元々の体質というものは存在しています。

その、体質に合わせた養生やお灸をすることで
より自分に合った冷え対策ができますので、自分自身の体の癖を知るということは、とても大切なことです。



①タイプ
特に足元をしっかり温めて、血を増やすことが大切です。のぼせやすいので、上半身は薄着でもいいですが、下半身は温めで!
交感神経優位なタイプなので、リラックスすることも、冷え対策になるんですよ〜
血を増やす、レバーや小松菜キクラゲなどもおすすめです!
冷えに良いとされる「シナモン」は合っていない可能性あり
【ツボ】血海(けっかい)や足三里(あしさんり)、太衝(たいしょう)


②タイプ
とにかく胃腸を温めることが大切です!
カイロは、おへその上に貼ると、効率よく体を元気にすることができます!
ながいもとろろ、蜂蜜生姜はよく合っています!!
冬の間の、お刺身は少し控えめに…
【ツボ】中カン(ちゅうかん)、気海(きかい)


③タイプ
寒くなると発散が苦手になるタイプなので、こういう方こそ、
「スポーツの秋」
観戦側では意味がないので、是非プレイヤーとして何か体を動かすと、心地よい秋冬を迎えられます。
運動が一番おすすめですが、
ねぎや大根もおすすめです!
カイロを貼るなら、肩甲骨の間くらいがおすすめです!
【ツボ】肺兪(はいゆ)、手三里(てさんり)



④タイプ
とにかく体の元気を取り戻したい!うなぎや牛肉、シナモンなど、こちらのタイプにはよく合っています。
私の経験上、このタイプが一番冷えがきついので、なかなか時間がかかります。
冷えという一部だけではなくで、体全体の元気を取り戻すことを心がけたい。
カイロを貼るなら、腰がおすすめ!
【ツボ】腎兪(じんゆ)、命門(めいもん)、太ケイ(たいけい)




⑤タイプ
ストレスは体を冷やしてしまうのです…
にらやにんにくがよく合っていますが、何かを食べるよりは
きっと思い当たるであろう大きなストレスを解消した方が一番の近道です。
ストレスを上手に発散できた次の日は、冷えも軽くなっていると思いますよ!
【ツボ】陽陵泉(ようりょうせん)、足臨泣(あしりんきゅう)





ざっくりと5つに分類してみました!
体を動かすのもよし!
美味しい料理もよし!
お灸をしてみるのもよし!

是非、自分の体質に合った冷え対策で
長い冬を乗り越えましょうね





↑このページのトップヘ