鍼灸パルシェ 東洋医学で日々の暮らしをポジティブに

鍼灸師の知識と、本から得た着想をヒントに、皆様が「ごきげん」に暮らせるヒントを発信中

タグ:好きなこと

寒さが本格化してきた12月。
「寒い」と言うだけで、体調が一階級、落ちた気持ちになるのは私だけでしょうか。

女性にとって、天敵の冷え。

今日は、足元の冷えについて書きたいと思います。

足を冷やすことは、健康によくないよ!という言葉は知っていても、
その先にある

なぜ?の理由を
知らないと、なかなか実行することが難しいのが人間です。

寒さが本格化してきた今だからこそ、
しっかり足元を温めることをしていただきたい!

今日は、そんなお話です。



東洋医学には、「虚熱」という考え方がある

私は、東洋医学のいろいろな考え方の中で、
この「虚熱(きょねつ)」の存在が好きです。


普段、鍼をしながら、何を考えているかというと、
8割くらい、この「虚熱の行方」を探しています。


「虚熱」というのは、東洋医学独特の存在ですが、
「偽物の熱」「間違ったことをしてしまうの熱」のこと。

足元が冷えて、頭がのぼせる時、
この、のぼせの部分にある熱が、「虚熱」です。
(万人がそう!と断定できないのが、個人を相手にしている東洋医学。大方、そういう方が多いよ〜というニュアンスをご承知ください)



体の中には、無数のルールが存在し、それを私たちは、生理学や病理学といった分野で勉強します。
実は、鍼灸師も、看護師や薬剤師並みに、体の仕組みを勉強します。

この基本ルールに従って、動いてくれる熱は、「正しい熱」として扱い、
心臓から流れる血液に乗って、上手に体の中を循環してくれます。



しかし、東洋医学にはもう一つの熱、「虚熱」の存在があります。
この「虚熱」は、なかなかの自由人でして…
体のルールを無視して自由気ままに体の中を動き回ります。

まるで、我が息子、とっくんの行動みたいに…


「あなたは、足元を温める担当ですよ!」と言われているにも関わらず、


こめかみに行きたくなると、頭痛を引き起こしたり、
胃に行きたくなると、過食になったり、
肩に行くと、肩こりになったり…


ちょこまか、ちょこまか、自由自在に、体の中を動き回ります。
そうすると、肝心の担当箇所が手薄になり、

熱がなくなり、
働きが落ちるので、
そこを主に体の不調が起こっています。


本当は、そもそもの虚熱の始まりは小さな不調が先で、
そのせいで、虚熱が生まれ…
悪さが悪さを引き起こし、
だんだん大きな悪事となっているので…
小さな不調から大切にしてあげることが養生につながります。



鍼灸師の私は、
毎日いろんな方の、悪さの根源の虚熱くんを、
元の場所に返す作業を、せっせと行っています。



肩こり、頭痛、のぼせは、足元の冷えを退治すると良い

この「虚熱」の厄介なところは、
間違った行動は取るけれど、「熱だ」と言うところ。


足元は冷えていて、上半身は暑い。
だから、自分は冷え性ではないと思っている方や、
よく汗をかくから、寒がりではないと思っている方。


それは、「正しい熱」ではなくて「虚熱によるのぼせ」であると言うこと!



のぼせは、虚熱の行き過ぎた事で起こる場合が多いです。
そして、これがさらに行きすぎると、
正しい熱も、虚熱の熱もなくなり、完全なる冷えに突入してしまいます。

全身が冷える寒がりさんは、
もしかしたら、虚熱まで使い果たした後の可能性も!!!



ですので、のぼせばかりに目を向けるのではなくて、
その裏に隠れている冷えをしっかり自覚して、
足元をしっかり温めることが大切なのです!


足元を温める事で、
虚熱くんが、元の場所へ帰りやすくなります。

基本は熱。
虚熱くんは、暴君ではあるものの、
自然の摂理に従って、上へ昇りやすい傾向が。

下へさげるために、
足元を温めることが大切です。



私は、レッグウォーマー好きなので、
自宅でも裸足でレッグウォーマーをはいています。

仕事中は、火を使わないお灸を、こっそり三陰交に張っている日も!


もし、お時間がある方は、足湯などで、じっくりじんわり、深いところまで熱を入れてあげることも大切です!

そんな時間が取れないよ〜と言う方は、
レッグウォーマーや
火を使わないお灸、
ぐるぐる足首を回すだけでもOK!

常日ごろから、足首を温める習慣を身につけておくと、

冬場の肩こりや
頭痛持ちの方、
更年期ののぼせなどにも効果的です!


是非是非!お試しください!




「ジャニのチャンネル」って知っていますか?
今まで、公式の映像や写真しか公開していなかったジャニーズが、
SNSや音楽配信、そして、YouTubeを開始したのは、
ジャニファンでも、衝撃の出来事でした。


嵐の二宮和也氏がグループの枠を超えて、
KAT-TUN の中丸雄一氏と
Hey!Say!JUMP の山田涼介氏と
Sexy Zoneの菊池風磨氏の
4人でお送りしているYouTubeチャンネルです。

夜な夜なこれを見るのが、私の至福の時間です。


この間の配信で、二宮氏が超いいことを話していて、
私は感動してしまいました。

この気持ちを誰かに伝えたくて、
パルシェBlogに書くことを夫相談したところ、「え〜やめたら?」と反対されたのですが笑
無視して、やっぱり書くことにしました♪


ジャニーズの話だけど、きっと、どなたかのお役に立てるはず!
東洋医学は関係ないけど、お読みいただけたら嬉しいです。




目標を決めましょうと教えられて育ったけど…

前置きとして、ニノって、脱力系な性格といいますか、基本ゲームばかりしている陰キャラだけど、
ものすごく空気を読むのがうまくて、地頭がいい人です。

勉強ができる頭の良さとは違い、
生きる頭の良さがいい人っていますよね。
そっちのタイプです。


ジャニのチャンネルで、視聴者からこんな質問が届きました。
「目標は?って言われるけど、よく分かりません。目標ってどうやって立てるのですか?」

私たちは、小学校の時から、
「1年の目標を立てましょう」とか、
お正月には、「今年の目標は?」など、
自然と目標に向かって努力することを染み込まされてきました。

けど、大人になると、
仕事と家庭、日常生活に追われると、
なかなか目標ってわからなくなる。
そんな方って、少なからず、いると思うのです。

日常を平穏に暮らすことは、決して悪くないのに、
目標に向かっていないと、なんだか自分がダメだと思ってしまう…



私は、30代半ばなのですが、
ちょうど、転職しようかな〜とか、
仕事辞めて、主婦になろうかな〜、などなど

20代は、夢と目標に溢れていたけど、
30代になり、そうもいかない現実と、戦っている友人たちがいます。


そんなことないのに!
みんな、違うステージにいるだけなのに!



これに対してのニノの回答が【神か!】と思ったので、ご紹介します。



目標があると、寄り道できないからつまらない

ニノは、小学生の頃から、
1年の目標は?と聞かれ、「ない」と書いて掲げていました。

なぜか?

目標があると、そこに向かって走らなければいけない、感じがあって、
それだと、人生がつまらないと。

毎日、目の前のことに、一生懸命やっていて、
ちょっと面白そうだなと思ったことに、ひょいと寄り道して、
また、面白そうだなと思ったことに、寄り道して。

そんな生き方でも、いいと思わない?
寄り道して生きるのも、楽しいけどね♪

目標よりも、後ろにできた結果が、大切なんじゃないかな〜と。



とても、ニノっぽいし、
今の私には、とても刺さる言葉でした。


私も、パルシェをこんな風にしたいな…という、ぼんやりした構想はありましたが、
そもそも、新潟で開業するということ自体、私にしては、人生の予想外の何者でも、ありませんでした。

けど、結婚も、新潟への移住も自分で決めたこと。

ただただ、毎日楽しく鍼をしたい!そして、オタ活は外せない!
という自分の「楽しい」という感性を信じて、
ぽつりぽつり、生きてきました。

今書いているブログも
もしかしたら、失敗になるのかもしれないけれど、
「書きたいし、ただただ、楽しい。そして、足を運ぶことが、難しい患者さんに届けばいいな!」
そんな気持ちで、日々書き綴っています。




今は、いろいろな制約があって、自分の感性に正直に動けない方も、たくさんいらっしゃると思います。
しかし、無理に目標に向かわなくても、「楽しい、ワクワク、そして、違和感」の感性を大切にしていたら、
たくさんの寄り道から、生まれる先があると思うのです。


ちょっと難しい本にはなりますが
「Dark  Horse 好きなことだけで生きる人が成功する時代」という本にも、同じようなことが書かれていて、感動しました。

成功というと、ビジネス寄りに聞こえますが、

自分の「好き」と「違和感」を大切に生きていると、
いつかきっと、チャンスに巡り会えると思うのです。

自分の「好き」を大切にしたい方に、お勧めの内容です。

カタカナが苦手な私は、何回も「ダークサイド」と言ってしますのですが、
もう「ダークサイドの生き方」の方が、私にぴったりな気がしています。


ちょっと、偉そうな内容になってしまいましたが、
「好きという感性に忠実に生きる」という部分だけに関しては、
人様に、お話できる私の経験値かなと思ったので、
今日はこんな内容を書いてみました。

たくさんの患者さんの、転職した先の夢の続き、私も応援しています!









↑このページのトップヘ