鍼灸パルシェ 東洋医学で日々の暮らしをポジティブに

鍼灸師の知識と、本から得た着想をヒントに、皆様が「ごきげん」に暮らせるヒントを発信中

カテゴリ: くらしと健康

新年、あけましておめでとうございます!
いつも、私の自由気ままなブログに、お付き合い頂き、感謝しています。

今年も、東洋医学が皆様の身近な存在になれるように、
「へー!」「おもしろ!」「わかる!」の3拍子をテーマに、
お届けしたいと考えています。


さてさて、私は1月を「IT強化月間」と名付けまして、

大嫌いなITの接続関係、
ごちゃごちゃなクラウドの中身の整理
携帯の機種変更などなど

とにかく、頑張っております。笑


このブログも、別のサイトへ移動しようか…
そんなことも考え中ですので、また後日お知らせしようと思います。



3日に1回は、便秘ではない!?

さて、本題です。
そもそも、便秘の定義とは、なんでしょうか。
便秘とは、排便が順調に行われないため、便が大腸内に長時間滞留すること。
排便の間隔が長くなる。排便時間が長くなる。排便が困難になる。便意はあるがスムーズに排泄できない。


勘のいい、パルシェの患者さんはお気づきでしょう!
(キンプリがファンをティアラと呼んでいるように、私も何かパルシェの患者さんの呼び名つけたい)


そう!実は、排便までにかかる、明確な日数は定義されていません。

こういうところが、東洋医学っぽくて好きなのですが、
自分の基準で、排泄できていると、それは、便秘ではありません!!!



2日1回、コンスタントに出ていたらOK!
3日1回でも、OK!

逆に、
毎日出ていても、残便感があってスッキリしないとか、
スムーズに出ない、
1日3回出るなどなど

何かしら違和感があると、毎日出ていても、便秘です。


便秘にも種類があります

本題までの、前振りが長いので、
ここはサクッといきますね!

・食べ過ぎによる便秘
・運動不足による便秘
・便を排出する元気がない便秘
・冷えによる便秘

大きく4つに分けられます。


ファスティングってご存知ですか?
ギュッと栄養素を濃縮させた酵素を飲み、固形物を取らずに体の中をリセットする健康法です。

私は、基本胃腸強め、飲みすぎ食べ過ぎタイプなので、
この方法は自分に合っているなと思うのですが、

元気がないタイプや冷えが強い方が行うと、
逆に症状を悪化させるとこに、繋がります。


実際、私の知り合いが
「ファスティングやると、便は本当によく出たけど、体が寒くて寒くて、異常だった」
と話していました。

皆様、自分のタイプを把握するって大切ですよ!



食べ過ぎは、胃に余計な熱を運びます

以前のブログで
「私は、7割くらい虚熱探しをしています」
と、書かせていただきました。


⭐︎足の冷えと虚熱くんのお話
http://parchez.blog.jp/archives/38976676.html


虚熱は、嘘の熱。

そう。

食べすぎると、胃が普段よりも活発に働きます!
活発に働くと、余計な熱が生まれます。


千と千尋の神隠しのカマ爺が、まさに胃熱のイメージにぴったりです。

お風呂を沸かすために、カマ爺、一生懸命働きます!
汗かいて、ボイラーの熱を、炊き続けます!!!!

胃も、消化するために、一生懸命働きます!

すると、
その余計な熱が、お隣にある、腸の水分までも飛ばしてしまうのです…
腸の水分がなくなると、乾燥し、便秘になります。


尿が黄色かったり、
口臭がある方、口内炎が出来やすい方は、胃熱が多い証拠です。

食べ過ぎだけでなく、ストレスでも胃熱は起きますので、
慢性的な方は、ご注意を。
(超悪化すると、胃潰瘍になるよ…)



改善策は、簡単です。
胃を休めましょう!

以上!笑

鍼で、胃熱を治めることができるので
節制したくない方は、一言お声がけください笑

私も…晩酌やめるなら、鍼で胃熱治めたいタイプなので、
プラマイ0でいいんじゃないかと思っている、ダメな鍼灸師です…

口臭が気になる方も、実は鍼で体が整ってくると、気にならなくなります。
タブレットを食べるのもいいですが、根本を見直すことも大切ですよ!

(コンビニ横のタブレットの所に、鍼の紹介置いたら、鍼灸流行るかな…)


運動不足も便秘になります

大腸の仕組みとして、
食事をしてから、24〜72時間かけて、胃→小腸→大腸をめぐって排泄されます。

むにゅむにゅ、大腸が動いて、少しずつ出口に向かって行きます。

青虫が、ニョッキニョッキ動いているのをみると、大腸を思い出すのは私だけでしょうか?
絵本のはらぺこ青虫が大腸に見えるという………


この、むにゅむにゅした動きが、
お正月の運動不足により、滞りを作ることで、便秘になります。

「平日は上手に出ないのに、ストレスがない休日は出るんだよね」

というタイプは、同じストレスでも胃熱ではなくて、こっちのタイプかもしれません!


大腸のツボは、腰にあるので、
ウエストあたりをしっかり回して、
お正月の運動不足を解消してあげましょうね!




お正月休みを、食べ過ぎや運動不足で過ごせるということは、
とても幸せなことだと思っています。

良いお正月だったのだなと、ほっこりしながら、
患者さんのお話を聞かせていただいています。


日常の不摂生やストレス、季節の変化に揺られながら、
日々を一生懸命過ごす皆様を、
陰ながら応援させていただけたら、
とてもとても嬉しいがぎりです。

今年もよろしくおねがいします!















いよいよ、明日から12月。

毎年、12月と1月は、「胃が疲れてますね〜」という方が多かったのですが、
大勢での飲み会が自粛になってからというもの、
この時期も冷静な胃腸を保っている方が多く、
良いような…寂しいような…

私、胃をぐりぐりする鍼、好きなのにな〜
できる人少ないじゃん!
なんて思いながら過ごしています。(私の悪趣味シリーズ)



何を食べるかと、何を食べないかのバランスが大切

この飽食の時代。
何を食べるかと同じくらい、何を食べないのかの選択も大切なのではないかと思っています。

情報が多い時代ですので、
自分の体調には、これがいいのではないか!と、
お気に入りの1つを見つけるのは、とても素晴らしいことです。


「冷えにいいと思って生姜を取り入れています。」

「菓子パンも大好きで毎朝食べています!」


「血圧が高いから、何食べたらいいですか?」


どうでしょう?
よくある質問なのですが、この2つのパターン。

取り入れるものより、余計なものを取り入れない方がいい、典型的な例。
結構あるあるな話だと思うのです。



小麦に含まれるグルテンが、体を疲れさせたり、冷えを誘発すると言われています。
精製された砂糖も、体を冷やす働きがあると言われています。
薬膳的には、白砂糖は、体に水を滞らせると言われています。



ジェラピケを着て、むくみ取りソックスを履いて、激甘ココアを飲む、可愛い女子像は、
私にしたら、矛盾だらけです。
(今飲んでいる砂糖のむくみ分を、靴下で排出しています!って言ってくれたら、納得)


血圧が高い方も一緒です。
何を取り入れるかの前に、何をやめるかも、一度考えてみてはいかがでしょうか。




断食は、体の断捨離。

最近の断食ブームは、体の断捨離だと思っています。
いろいろなものを、取り入れすぎている体を、一旦リセットしようという時間です。

実は私も、酵素ドリンクでプチ断食をしたことがあるのですが、
排尿排便がスムーズで体が軽くなるのを感じました。
食べすぎている自覚のある方は、一度断食するというのも、体にとってはいい時間になると思います。



ただ、いくら酵素をとっていても、
食事を入れないと、熱量が作られないので、
体が冷える感じがあり、みんなにお勧めできる!とまでは、言えませんでした。

冷えを悪化させたり、貧血を悪化させたり、生理が遅れたり。
そんなお話を聞くこともありますので、きちんとルールを守って、断食されることをお勧めします。



食事と運動と睡眠は大切。

私自身、美味しいものを食べることが大好きで、
物欲より、食欲が勝る。
エンゲル係数が高めの山本家ですので、
食べることは、栄養学的だけではなく、幸福度に関しても大切なものだと思っています。

だからなのか⁉︎ 
薬膳と、食育の資格を取得するのは、本当に楽しい勉強でした!


健康のためには、
「食事」「運動」「睡眠」が、大切ということ。

きっと、みなさん、
どこかの情報番組でインプットをされていたり、
肌感で感じている方も多いと思います。


できるか、できないかは置いておいても
私は、「知っている」ということは、人生を豊かにしてくれると思っています。

必要に応じて、自分で、選択すればいいだけの話なので。
知らないと、選択肢にも入ってきませんから…


みなさんそれぞれ、
自分の健康度合いと、なぜ今健康に注目しているのかの、目的があります。

結婚式が近くて、綺麗になりたいから、冷えよりも痩せることを重要視したい時もあるだろうし、

この冬の冷えが嫌で、今集中して冷えを取りたい時も。

ま、多少冷えても、秋の新作スイーツが1年で一番楽しみなんです!

という方も。


食事は、健康のための1つの目的だけではなくて、
楽しみの1つであり、団欒の時間です。


自分自身の健康度合いに合わせて、
余計なものを取り入れすぎないようにする!

そんなことも
気にして欲しいなと思っています。





皆さんの周りにも「健康オタク」と呼ばれる方いらっしゃいませんか?

開始2行で話が逸れますが、
私は「オタク」が大好きです。
オタクと話をしていると、向こうの楽しそうな気持ちが伝播してきますし、
何を質問しても帰ってくる情報の深さに脱帽します。

陰の要素が強いオタクですが、
「オタクが世界を変える」この言葉が大好きです!
皆さんは何オタクですか?



さて、本題に戻ります。
私の周りにも「健康オタク」と呼ばれる方がたくさんいらっしゃいます。

ご自身のため、ご家族のため
しっかり勉強されていて本当に尊敬します!

ご自身の病をしっかり克服された方もいらっしゃいますし、
ご主人をしっかりサポートされている尊敬する主婦の方も知っています。


しかし…
たまーーーに
「健康に気をつけているけれど、なんか健康感ないよね」
って方、いらっしゃいませんか?

私はこれを
「べき思考がもたらす不健康感」
と呼んでいます。


「べき思考」とは…
「〜すべきである」「〜はすべきではない」という思考のくせのこと


こういうのは英語で表現すると分かりやすいのですが、
常, have to で物事を考えがちです


昭和のお父さんって「べき思考」強めですよね
女性が子育てするものだ!とか、一番風呂は俺が入るべきだ!とか。

平成夫婦の我が家では、こんなことを夫が言い出したら
お風呂の栓抜いておくか、氷入り水風呂を用意しておきますけどね…
なんなら、私が昭和のお父さん的ポジションで我が家の実権を握っていますが…




きっと、こういう、べき思考の中で生きてきた方は
自分で自分を律することができる賢い方だと思います。

しかし、
健康という分野においては
「べき」の方向性を間違えると、逆に不健康を呼び寄せてしまうことに繋がる場合もありますのでご注意を!


「健康」に向かう選択肢がたくさんありすぎる問題

「量的な飽和から質的社会へ」
日本の偉い方がこんな風に表現しているのですが、
生きていく上で衣食住が満たされると
次に人は、健康や自分自身に目を向けるようになるそうです



昨今、健康ブームと呼ばれている背景には、
自分たちの生活が満たされているという幸せな背景が隠れています。


ただ、この情報化社会において
溢れんばかりの健康情報が流れています。


どの情報も「健康」というゴールは一緒でも
Aという登山ルートから説明しているものもあれば
Bという初心者コースから説明しているものもあったり

そもそも
西洋医学という山を登るのか
東洋医学という山を登るのかでも違ってくるし

その前段階で、どのメーカーの登山道具が好きなのかでも
違ってくるでしょう


どれも、頂上登頂(健康)という目標は一緒でも
選択するということが
たくさんありすぎるのです



揺れ動く人の体には、べき思考的健康感は不づりあい

「健康」というのは、数学のように〇〇=△△と表現できるものではありません。

そもそも「健康」というゴールすら、十人十色。
人それぞれ目標設定が違います。


東洋医学で大切にしている考えの一つに体質があります。

【現代医学の欠点は、患者の体質や体力を十分に考慮しないことである。】と、書いている本がありました。

すなわち、東洋医学と西洋医学の大きな違いは
個々の体質を考慮して、鍼治療を行い、アドバイスができることなのです。


体質は、個人のベースとなるもの。


体質をベースに
疲れたらこっちへ傾き〜
怒りであっちへ行ってみたり〜
悩み事でそっちへ戻ったり〜


柳の木のように揺れ動くからこそ
人は生きていけるもの


暮らし方や気候の変化などによって
日々、変わり続けられるのが人間です。

変われないのがロボットです。


この揺れ動く人間の体に対して

絶対に〇〇がいいんだ!という、べき思考的健康感は、
逆にストレスを生むことに繋がる場合があります。

また、その健康法と出会った時は、自分の体調とマッチして良い効果を生み出したのかもしれませんが、
体が次のステージへ上がっていくと
求めるものが変わっている可能性が大いに考えられます。


ですので、
〇〇が絶対にいい!!!!という、べき思考で今まで考えていたな〜と
思った方は、今一度「見直し」が必要な時かもしれません。




健康に絶対はありません。

絶対はないからこそ、自分に合ったものを見つけるって難しいなと日々感じています。




健康の5大目安は、食欲・睡眠・便通・生理・感性

では、どうやったら自分自身に合ったものを見つけることができるのでしょうか。

方法は、本当にたくさんの選択肢がありますので、
まずは、自分が何が好きで、どの山を登りたいのかの焦点を絞ることが大切かと思います。


登る山を決める前に自分の基礎体力を知ることも重要です。
自分自身の体で、何が疎かになっているのかを確認するという作業です。


自分自身の感覚で元気なんだけどな〜という方の元気というものは
正直あてになりません笑

パルシェにいらっしゃる方の、「元気です!」の半分は、空元気です。

仕事という責任感、家族のため、子供のため
動けてしまうのが、女性という生き物です。


では、どうやって見極めるか。
それは、食欲・睡眠・便通・生理の状態です。


【食欲】
・空腹を感じて食べることができますか?
・美味しく食べられていますか?
・食べた後、もたれたりしませんか?


【睡眠】
・寝付きはいいですか?
・夢はみませんか?
・朝はスッキリ起きれますか?

【便通】
・毎日でますか?
・いい状態の便が出ていますか?
・お腹、張りませんか?


【生理】
・周期は乱れていませんか?
・量はどうですか?
・生理痛の状態はいかがですか?





こんな感じで、良い食事、良い睡眠、良い便通
基本的なことなのですが、ここがしっかり整っていることが
「健康」という状態では、とても大切なことです。



今は、4組に1組は、子供ができなくて何らかの形で病院へ通っていると言われています。
結婚している、していないに関わらず、
学生のうちからでも、「良い生理」というものをしっかり知っておくということが大切です。

子供を生むための生理ではなくて、
自分の体調を確認するための生理です。

めんどくさいものだけど、大切なものなんですよ!





また、そもそもの根本として
「体調がいいとはどういう状態か」感覚で知ることも大切です。

いい状態を体が知ることで、そこから外れるということが、どんな感覚なのかが分かるようになるからです。

この感覚が身についたならば、
「自分の健康」という感覚がしっかりと学べた証拠だと思います。
自分の体調が、良い悪いをしっかり感じられる感性も
大切な一つだと思っています。


あくまでも、東洋医学を学んだ私の感覚での「健康観」というものを考えてみました。
これも絶対ではなく、合う人もいて、合わない人もいる。それでいいと思っています。

健康の答えは、スマホの中にはありません。
自分自身の中にあるということを忘れないで欲しいです。

今朝は、秋の雨のせいか
ものすごく寒い朝を迎えています。

半袖でパルシェに来たのですが、
7分にすればよかったなとちょっと後悔中です…


前回は、秋はちょっと汗をかくのが
健康維持には大切だよとお話をしました。




今回は
「夏の疲れは初秋に解消!美味しい秋を味わうために」

題名のごとく、
美味しい秋の味覚を堪能するためには
初秋は胃腸を休めることが大切だよというお話しです。




パルシェで患者さんをみていると
同じような時期に
同じような体質の方が
同じような症状を訴えます


これは、
各体質が季節の変化に合わせて
ある意味正常な反応を示している証拠です。


ここ最近は
胃腸の調子が悪い方が多いです。


どうですか?
もたれたり、
何だか食欲がなかったり、
軟便や便秘だったり
あと、甘いものを欲するのも
胃腸が弱っている証拠です。



これは、夏の間に胃腸を酷使した方が出てくる症状です。

酷使というのは、
冷たいもののとりすぎだけではなく、
食べ過ぎもですし、
冷房下で長く過ごすなど

そんな理由も当てはまります。



私も若干の軟便気味…
かき氷に精力を注ぎ込みました…

そして、
しょっぱ党の私が、甘いものを欲しています。

ハーゲンダッツのクリスピーが無性に食べたくなり、
お盆明けのちょっとバタついていた時期、
2個食べをするという贅沢を味わいました♪

しかも3日間くらい…
贅沢しすぎました…


このように、夏にアイスを食べすぎると
この少し冷え込んできた初秋に
何らかの形で胃腸症状が現れます。


だって、美味しいものは食べたかったから、しょうがないじゃないですか!
という言い訳を自分自身にしながら




ちょっと体にいつもと違う症状が出始めたとき!
ここから気をつける周期に変わります。

ハメを外した後、
きちんとする。

これが、常に元気でいられる秘訣だと思います。


今、胃腸症状が出ている方は

食べるのを粗食にして
胃腸を休ませてあげることが大切です。

目安は、
胃の不快感がなくなる
便の調子が元に戻る

このくらいになったら、
いつもの暮らしに戻してあげて大丈夫です!!!!


今、胃を休めることで
秋の味覚をたくさん味わえるいい胃袋になってくれます。
そのためには、夏の疲れを1〜2週間かけて休ませてあげることが大切です♪


また、
おへその上を温めてあげることも良いですよ♪

ゆっくり、カイロを当ててもいいですし、
テレビを見ながら手を当ててもいいです♪
(ただし、温かい手に限る)


お灸が自宅にある方は、
おへそ周りにお灸をしてあげることも
おすすめします!


おへそ周り4つ
中脘(ちゅうかん)
足三里(あしさんり)

この辺りもおすすめです!

IMG_8244


山本画伯の絵を載せておきますが、
ぜひ、ご自分でGoogle先生で調べた方が
綺麗でわかりやすいかと思います。


今の健康状態をあげるためというよりは、
今の状態をキープする
そんな感覚で取り入れてもらえると嬉しいです。

素敵な秋の味覚を味わうために
1〜2週間、胃腸を休ませてあげましょう!




ブログ再開の第一弾の記事です!
気合い入れて頑張ります♪


9月に入り、急に秋になりましたね。

人間は、わがままな生き物なので(私だけかな?)
急に寒くなると
夏が終わるのが早すぎる!と思っています。

とても暑かった夏ですが、トータルで見たら涼しかった夏でした。



東洋医学では、
春と秋が、陰陽が大きく入れ替わる大切な時期です。
陰陽が入れ替わる時は、体に大きな変化が出やすいときです。


暖かいものが暑くなるとき
涼しいものが寒くなるときは、

比較的体は順応しやすいのですが

暑いから涼しい
寒いから暖かいでは

体への負担が大きくなります。


急に寒くなると
体はキュッと縮こまります。

筋肉も毛穴も血管も
全部キュッっとなりやすいんですね

(伝わっていますかね…)


 そうすると
寝違いが起きたり
ぎっくり腰が起きたり

早い方だと冷えの症状が現れます


東洋医学では
体の表面を
1枚のフィルムで 覆い
防衛対策をとっていると考えています

フィルム=気

ですので、気の巡りが滞ると防衛対策に欠陥があわられ
風邪のウイルスに侵入されたり、
芯冷えしたり、
抵抗力が落ちるとされています。

今のご時世、抵抗力は高めておきたい!!!!


例年より、秋の対策は超が100個つくほどおすすめしたい。



とにかく、体の巡りをこの秋は、特に大切にしてほしいです。


巡りを高めるには軽く汗をかくことをおすすめします。

軽くですよ。
思い切り汗をかくと腎に負担がかかり
冬に体調を崩す原因に。

軽く汗をかくなら
やっぱり軽いウォーキングがおすすめです。

私は、時間のあるとき
車を遠くに止めて歩いて子供の送り迎えに行きます。
片道20分くらいでしょうか

体がほんのり暖かくなります

このくらいで十分です。


秋の冷えをちょっとずつ解消してあげることで
冬の冷え対策にもなります。

雪かきと一緒で
溜めると処理が厄介になるんです…

浅い雪のうちに
少しずつ少しずつ処理してあげることが必要です。



どうしても運動が苦手な方は
生姜で発汗させてもいいですし
長風呂でもOKです!

とにかく、巡りを高めてあげて、軽い発汗が大切です。



秋の対策、1つ書くだけでこんなに長くなってしまいました…
胃腸の立て直しも大切な時期なので
続きは次回に持ち越しです。
 

↑このページのトップヘ