鍼灸パルシェ 東洋医学で日々の暮らしをポジティブに

鍼灸師の知識と、本から得た着想をヒントに、皆様が「ごきげん」に暮らせるヒントを発信中

カテゴリ: 東洋医学いろは

鍼灸師として体を見るときに
とても大切にしているポイントがあります。


この方は…元気を作り出せないタイプなのだろうか?
それとも…身体中の元気を使い切ってしまうタイプなのだろうか?




この2つのポイントは
目の前で起きている現象は同じことだけど

鍼をする上でも、
日常過ごす上でも、

真逆のことを気をつけなければいけません!!

ですので、
自分の体で起きていることの原因を知ることは
ものすごく大切なことです。




お金に例えてみました!

目の前に1万円があります。

この1万円は
ようやく貯まった1万円!

学生の頃って、バイトで貯めた1万円って重い価値がありましたよね!
たまに実家に帰って、祖母からお小遣いもらうと、「わー!何時間分の時給だー!」って思った記憶があります。


こういう時って、無駄な浪費をあまりしません。
考えて、考えて。。。

体でも一緒です。
自分の体があまり丈夫ではないと自覚している方ほど、
溜まった元気を無駄使いしないように
気をつける方が多いように感じます。



一方、今ある1万円は、浪費した後の1万円という方もいらっしゃいます。

結構私も無駄使いが多い方なので反省すべき点が多いのですが、
お給料入ったし、買っちゃえ〜!ってタイプは
体でも同じことをしている方が多いかも!?

疲れたらグダーッとするけれど、
元気になったらなっただけ、
鍼をしたら元気になっただけ

あれもこれもしちゃうタイプは
体の元気も使い切ってしまいます。


同じ事実、財布に1万円がある!という場合でも、
そこに至るバックグラウンドストーリーは違います。


だから、その方のお話をしっかり聞いて
どんな暮らし方をしているのか
どんな体質なのかを把握することは
とっても大切なことなのです。



ようやく1万円を生み出せたタイプの方は
生成不足といい、
言葉通り
元気や血を作り出すのが苦手だよねというタイプ
胃腸が弱い方に多いです


浪費家タイプの1万円は、
消耗過多といい、
せっかく鍼しても
稼いだ分だけ使ってしまって
生活費まで手を出しちゃうタイプ


自分でどちらのタイプだと思いますか?


先ほどもちらっと書きましたが、
作り出すのが苦手なタイプの方は
自分自身がちょっと体が弱いことを自覚している方が多いです。
色々気をつけて暮らしている方が多いなと思います。
主に胃腸の働きを大切にして
少ない量でもしっかりと栄養が取れる暮らしをすることが大切です


少し考えて欲しいことなのですが、
体が弱いという自覚は大切です。
しかし、
必要以上に怖がっているなと感じることもあります。

すぐ疲れるから運動を避ける
のではなくて、
今の体力で、できることはなんだろう

今の体力を上げることを望むのではなくて、
維持する、落とさないようにするには
どうしたいいのだろうと
考えることは必要だと思います。




ちょっと問題が多いのは、
浪費家タイプの皆様です

自分は元気で体力があることを過信して、
貯金分だけでなくて、生活費まで手を出してしまうので、
ふと、緊張が解けた時や、無理が行きすぎた時に
ガクンと体調を崩しがち
バブルが崩壊したが如く


バブル崩壊直後は、一生懸命養生していても、
景気が回復してくるとすぐに動き出したくなります。

泡銭はすぐになくなるっていいますもんね〜


だんだんと、回復するまでに時間がかかってくるようになり、
また、一度崩してしまった体調を元通りに戻すには
時間がかかります


何事も「ほどほど」が大切です。

こちらのタイプは、
じっとしていることが苦手だったり、
休日を休息と思っている方に多いようです。

休日でも、動き回っていたら休息ではありません

休み方をしっかり勉強しましょう
こんなに怠けていいのかな?
って思うくらい、しっかり休んでください。
きっと、そんなに怠けていませんから大丈夫です♪



「女性は血をもって本と為す」
→女性の体は、血が本当に本当に大切です

という言葉があります

血が作られにくくても体調を崩すし、
血を消耗しすぎて結果的に足りなくなっても体調を崩します。



上質な血を体に蓄えておくためには

良い休息、良い栄養、
考えすぎない、悩みすぎない
スマホを見過ぎない

こんな普通のことが何より大切です。



もちろん、健康を維持するということが全てではないと思っています。
無理してると分かっていても
やらなきゃ行けないことや叶えたいことがたくさんある皆様を
応援するのがパルシェの役目です
何回でも注意させていただきます!

ぜひ、楽しく暮らすための土台として
自分の体質にあった暮らし方を知ること。

自分を知るって大切だなと思っていただけたら嬉しいです。


山本大好き、嵐が休止してからもう1年…

皆さんの悪魔の囁き
「BTSかっこいいから見なよ!!」 
絶対、頑固として見ないようにしてます。



こんなことを話していますが、
真面目な鍼灸院ですので
ご安心ください。


前回の記事で
「鍼灸はバランスを大切にしてますよ」と、お話しました。



このバランスという部分をもう少し紐解いていきたいと思います。

私たち鍼灸師は、このバランスを
「陰陽バランス」と呼んでいます。

若い子の間では、
陰キャ(陰キャラクター)、陽キャ(陽キャラクター)
という言葉があるようで。

私的、陰陽の使い方がバッチシ身についている!と感心していました。


陰キャとは→大人しい子、本を読んでいるのが好きな子
陽キャとは→活発な、目立つ子
と呼んでいるそうです。


学生の時って、なんとなく陽キャが目立っているので
クラスのリーダー的存在になりがちですが、
世の中は陰と陽のバランスで成り立っているということを忘れてはいけません。

バランスの良いクラスや仲間というのは
目立つ陽キャの裏に、支えている陰キャが必ずいます。


バランスの良いグリープといえば!
そう、嵐ですよね♡

嵐は、とても陰陽バランスの良いグループだと思います。

それは、
陽キャのMJ松潤と翔ちゃんがいて、
陰キャのニノと大ちゃんがいる。

真ん中を中庸と言うのですが、
天然の相葉ちゃん

陰陽どちらにも傾くことができるのですが、
どちらかといえば、陽キャに分類されると思います。


陽キャだけのグループだと、落ち着きのない暴走してしまうグループになるし、
陰キャだけのグループだと、芸能界という荒波を乗り越えられなかったでしょう。

陰陽のバランスが取れていて、
そしてちょっと陽に傾いている。

そんなグループだからこそ
国民的スターまで登り詰められたと思うのです。


陽があってこその陰であり、
陰があってこその陽である。


これは、人間関係や家族関係でも言えることですが、
実は、体でも同じことが言えるのです。


私たち鍼灸師の得意技、

「内臓の働きのバランスを整える」という視点においても

暴走している陽キャな内臓を沈めて
ぼーっとしている陰キャな内臓を起こしてあげる


食べ過ぎな胃を沈めて
疲れ切っている腎を起こしてあげる


体を陰陽に分解して、
鍼とお灸を使って
凸凹道を平にしています




現代人は、おおかた、働き過ぎ、活動しすぎ、考え過ぎなど


陰=休息が足りない方が、ほとんどだと思います。



・じっとしてられない動き過ぎな性分であったり
・ストレスがいつも以上に多く体にかかっていたり
・ゲームや動画の見過ぎだったり

これらは、いわゆる「陽」の活動です




この活動と休息のバランスというのは、時間軸のお話ではありません。

休息時間=睡眠時間7〜8時間
活動時間=16〜17時間

時間だけでいうと、1:1にするのは、かなり難しいです。


ですので、陰陽バランスは「日々の過ごし方」で比較して頂きたい。

人それぞれ、
体力も年齢も違います。

誰かの基準で健康を考えると
どこかしら狂いが生じますので、ご注意を!




自分の中で「忙しいなと思う週」は、

やっぱり夜を早めに寝るとか、
週末ゆっくりするとか。


そして、
パルシェを予約するとか⭐️⭐️⭐️

パルシェも休息、陰を補給する場所です。


休息が必要だってわかっていても
現状、取れない方がたくさんいることは、よ〜く分かっています。


無理なものは無理ですよね。
自分だけの都合で、1日のスケジュールを決めることができません。




ただ、無理なことだけど、体にとっては休息を取ることは必要です。



ですので、自分でできることで、陰を補えばいいと思うのです。



料理が好きな方は、食べ物で陰を補ってみたり、
早起きが得意な方は、朝10分だけ早起きをして、ボーとする時間を作ってみたり。
運動が好きな方は、ヨガもいいですね!

もちろん、パルシェを予約するでもいいと思うのです笑





休息で陰を補うことが一番大切なことではあるのですが、
忙しい現代人はできないことも多いんです。

ですので、自分に合った
別の策で陰を補うこと!
とても大切なことだと思います。

自分にできる、陰を補う方法は何か必ずあるはずです!
一緒に探していきましょう!



そして、自分の息抜きというのは、
ぜひ、仕事や予定が落ち着いている週に行いましょう!


夜遅くまで動画を見るとか、お酒をのむとか。
買い物も必要だし、ランニングも大切です。





なんとなく過ごしていると365日、本当にあっという間です。

陰陽を意識した暮らし方をするだけで、
メリハリのある暮らし方になり、

ただ過ぎていく毎日が

明日は、どう過ごそうかな?
明日は、どう陰を補おうかな?

そんな風に考える日常は、なかなか楽しいと思うのです。

「明日は、晴れるからちょっと歩いて行こうかな♪」

それだけで、気分は違い、楽しみが一つ生まれます。

自分に合った陰を補う暮らし方
こんな、東洋医学的生き方、いかがでしょうか♪


 

先日、患者さんに「次は〇〇の記事、書きますね♪」なんて話をしていましたが、
やっぱり、今!私が興味あることを皆さんにシェアしたくなるんですよね〜

全然約束を守れないし、
脈絡のない話ばかりになりますが、
お付き合いいただけたら嬉しいです。


時々やってくるのですが、
ふと、鍼灸のことが分からなくなることがあるんです。

鍼を打つことが分からないとかいう意味ではないので、
治療には差し支え何のでご安心を…笑


整体とカイロと鍼灸に違いを明確に言葉として表せない自分がいたり、
鍼灸とは何かを、びし!と言えない自分がいたり。


いつも鍼灸の世界に浸っているからこそ
私の中の当たり前が
世間の当たり前ではないことに気が付かされ、
予想だにしない、別の角度から質問が飛んでくると

え?何でだろう????

なんて思うことがたくさんあるんです。



気がつくと、
鍼灸治療について書かれた本はよく開くけど、

鍼灸を理論的に科学的に書かれた本は
毛嫌いしていたので

少し向き合ってみようと思ったのがきっかけでした。



では、簡潔的に。
鍼灸だからできることは何でしょうか。
鍼灸医学とは、
保健養生、健康増進、疾病治療を行い、
精神的なコントロールもできる
心身両面から役に立てる合理的な治療法である


もっと簡単に書けば良いのに、まどろっこしいなと本に突っ込みを入れながら…


すなわち、
健康を守るための予防のため、
普段の生活で生まれる肩こりや疲労感などの健康管理、
病のケアやメンタル面のサポートを
トータル的にケアするのが
鍼灸治療なのです。



要は、
内科!とか、耳鼻科!のような何かに特化したものではないけれど、
予防から健康管理、病のケアまで
広く浅く…

いや、浅くはない。

広く別の視点からサポートします
というのが鍼灸治療の最大の特徴です。


何故、そんなことができるのかというと、
疾病の原因を外科的に取り除くことはできないが、
疾病のために異常な状態になっている生体の機構部分に働きかけて
歪んだ平衡状態を調節するものである

難しい!!!!!

簡単に。
異常な状態とは、体の中のどこかしらのバランスが崩れている状態

例えば、肩こりとか健康維持の方は
正常な状態より10度傾いているだけだから
ひょい!と0度に戻ることはできるけど、

病で悩んでいる方は
90度くらい傾いているから
0度に戻すには、時間も回数もかかるよね

そのように、異常な状態を、バランスという視点から見るのが鍼灸治療です
(ピサの斜塔を思い浮かべながら読んでほしいが、伝わっているのかな…)



バランスを保つという視点で
鍼治療を行っているので
いろんな方のいろんな悩みに寄り添えるのが
鍼灸治療の良い点だと思うのです。


バランスというのは、
左右の骨や筋肉の歪みということだけではなく、内臓機能のバランスであったり、
興奮と鎮静などの神経の働きも含めて
バランスという言葉で表現しています。




じゃ、どうやってバランスが整うのか?

それは、
皮膚科学であったり、
脳の仕組みであったり、
神経伝達の問題であったり。

専門的知識が山のように必要なので書ききれませんが、

自律神経、内分泌、免疫の3つの働きが
キーワードになっています。

カタカナばっかり出てきますが、
東洋医学から離れて
鍼灸を見つめ直すもの
面白い!!!!!


こんな私は、実は、バリバリの理系女子です。
こういうジャンルの方が得意なのですが、
分からないことが面白い!という変な思考により
東洋医学の世界へ飛び込んでしまいました。


鍼灸を、
まやかしだとか、怪しいものと思っている方が、まだまだ多いのが今の日本の現状です

それは、鍼灸師の私たちに大きな問題があると思っていますが、

ちゃんと理論立てて説明できることで
鍼灸への理解と
最初の1歩が踏み出しやすくなれば嬉しいです。















こんにちは。
新潟市中央区大島の女性のための鍼灸院。

鍼灸パルシェです



10月に入りました
朝晩の寒暖差が激しくなってきましたね。


日中でも部屋の中は涼しく感じることも増え、昨日からパルシェでは、ついに暖房を入れ始めました🔥

お着替えして頂くので
基本ポカポカにしておきたい🍂🍂🍂


さてさて、今年は台風が多いですね💨
(って毎年話してる気もしますが。。。)




寒暖差が激しかったり
台風による気圧の変化で



体も心もネガティブになっていませんか❓
(私はポジティブ・ネガティブっていう表現が好きです。ダメなことではなく、誰でも陥る一時的なことだから)



今の時期は、
やる気がでない。
気分が落ち込む。
メランコリックな気持ちになりやすい。

こんな感情になりやすいんです😭


体で言えば、
何となく息苦しい
喘息や肺に病が悪化しやすい
皮膚が荒れやすい
謎の咳が出る
ため息が多い


肺や呼吸、皮膚に関するお悩みが増える時期です。

IMG_3856


東洋医学では、
季節や気候によって
体は敏感に反応して色々な症状を引き起こすとされています。


特に秋は
春夏の陽🌞ポカポカ陽気のシーズンから

陰🌛の寒く大人しいシーズンに突入する時。


つい1ヶ月前まで
体は汗をかいて
体の熱気を外へ外へ出して
体温調節していたと思ったら



汗の穴は閉じて
体温を逃がさないように
内側へ閉じ込めようとします。


こういった働きを
自律神経がコントロールしているんですよ👀🌸🌸


だから人間は年中通して36度くらいの体温で生きていられるんです🍀

自律神経様ありがとう🙇‍♂️🙇‍♂️🙇‍♂️




寒暖差が激しい
台風で気圧の変動が激しい

と、
いちいち自律神経が🔺UP・down🔻するので、
そりゃ体の調整機能が疲れ切ってしまいますよね😑😑😑




こんな時は何より休息を大切にして、
体を休めてあげましょう。


休むことは決して悪いことではありません‼️



むしろ、秋と冬は休んだ方が
体のバランスは整います😊🙆‍♀️





秋は、東洋医学では『肺』の季節。

肺の働きは
メインとしては 呼吸をコントロールしているのですが、

呼吸=全身へ酸素を送り、いらない体内の二酸化酸素を回収してくる働き

があるので、全身の巡りという意味ではとっても重要な働きがあります✨✨



大きく呼吸するだけで、
手足の冷えがポカポカしてきたりもするんですよ😍


いらない二酸化酸素を回収してくるので
良い酸素交換ができると
老化防止にも繋がってきます😊✨
しみしわの原因に。。。😑




皮膚の状態も肺が関わってきますし、
(運動した後って肌艶が良くなりますよね??ちゃんと全身に酸素が回るからです‼️)


横隔膜を動かすので、大腸との繋がりもあり
便秘下痢などの腸にも関係してきます🍎




ですので、
秋は大きく深呼吸をして
肺を大きく膨らまして
いらないものを全部吐き出して
全身に良い空気を巡らせましょう♡


それだけで、
鬱々していた感情も
胸からスッとなくなりますよ😍





私も夏の疲れと、
10月からの新システムを考えに考え
ちょっと疲れたので
しっかりと鍼治療に行ってきました😚


「こんなに身体って軽かったんだ⭐️⭐️⭐️」って羽が生えて帰ってきました♪

おかげで元気ルンルンです🍎


全身治療と顔とトコトンやってもらいました♡
ちょっと私の顔怖いけど全く痛くないです。



帰宅後夫に
「顔ちっちゃ!!!」って言われました。

 あと「結構いつも肌ボツボツしてるのに(←失礼)艶々してる」って褒められました。
本当の話です。

施術を受けながら午後は私の先生から、技を教えてもらってきましたので、またパルシェの美容鍼も更なるアレンジをする予定です😏😏😏

IMG_3837




体調がいいと
勝手に気持ちは前向きになります。


別に無理して明るくポジティブになんてならなくていいんです♡

ネガティブになったら、
外に出て大きく深呼吸して
全身に良い空気を巡らせましょう☀️☀️☀️


呼吸は、吸うことを意識するのではなく
吐くことを意識すると
楽に良い空気を吸えますよ🎵



鍼灸パルシェ ホームページはこちら♪

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

新潟市中央区大島  女性のための鍼灸院
⁂ 体よろこぶ。心わらう。⁂
~鍼灸パルシェ~

住所ж 新潟市中央区大島151-4
     グリーンホームズⅠ103
(女池ICから車で5分  新潟中央インターから車で3分   
大島・・・鳥屋野と親松の間にあります)

電話ж 025-281-1353
メールでのご予約ж parchez@parchez.jp

診療日* 火曜~土曜 (日・月お休みさせて頂きます)
時間* 9:00~18:00

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●


こんにちは。
新潟市中央区大島の女性のための鍼灸院。

鍼灸パルシェです




7月9日以来のブログの投稿に自分自身でびっくりしております。
私のノルマ的には 10日で1投稿 なのですが・・・空いてしまいました


長かった梅雨もあけ
夏本番がやってきますね。


今年、梅の実を5キロ近く頂きまして
初めての梅酒作りと梅干作りにチャレンジしました


初めて梅干しを作って知ったこと。


IMG_3557


梅の実が収穫できるのは6月~梅雨の時期
 確かに、梅雨(つゆ)って梅って書いている

  
②赤シソが出回るのが7月頃。
 
塩つけにしてこれまたいいタイミングで赤しそがスーパーに並ぶんですね


梅を干すタイミングが梅雨明けだということ
 ちょうどいい塩漬け1か月後・・ちょうど梅雨が明けるんですね~




こんなに梅干しって日本の風土に合っているものなのか

先人の知恵に驚かされました。





そもそもなぜ私が
風土や季節感をとても大切にするのかというと


東洋医学では
病になる原因を

・外因・・・外から体に受ける影響のこと
・内因
・・・感情、気持ち、メンタル
・不内外因
・・・食事、労働、生活環境など

の3つであると言っています。



大きなカテゴリーの中の1つに
外(自然環境)から影響をうけますよ!とはっきり断言しています。




人にはホメオスタシスという抜群の高性能な機能を
標準装備をして生まれてきます。

いろんな環境において
臨機応変に身体の内側の環境を変化させ、命を守ってくれています。



命までは脅かされないけれど

いろんな環境の変化に即座に対応できる人もいれば
ちょっと時間がかかる人もいたり

現代の暑いんだか寒いんだか分からないクーラー環境に身をおかれると
この機能が多少なりとも狂ってきます。

これにより、病が引き起こされると考えているのが東洋医学です。

大きくわけて
風・暑い・湿度・乾燥・寒さ・
です。



なので、季節感というのとても大切にし

そろそろ、このタイプの方々が調子崩す頃かな~

逆に、湿度が苦手タイプはここから調子上がってくるかも♪


なんて予想しながら鍼治療に繋がっていきます。


thRRJFZ7ED


そもそも東洋医学は
五行論といって自然界における全てのものを5つにカテゴライズした所から始まっていたり
薬膳も「身土不二」といって、その土地の旬の食べ物を大切にするという考え方ですので

自然を感じて生きるということはものすごく大切なことなのです



なぜ、人は自然が好きなのかというのは
実はしっかり研究がされていて、
私が大切にしている言葉があるんです

これもしっかりブログに書きたいネタの一つとしてストックしてあります。
そのうち・・・


話はそれましたが
こういった生まれ持った高性能な標準装備を
少しずつ失いかけているように感じます。

これを回復させる為には
感性を大切にして暮らすということに尽きるのではないかと
私は思っています。


美味しいものは美味しい
まずいものはまずい

梅はいい香りがするし

夏は暑い!!!
けど、冷房は寒い。。。


東洋医学がある暮らしって
ホント素敵だと思うんですよね~♡





●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

新潟市中央区大島  女性のための鍼灸院
⁂ 体よろこぶ。心わらう。⁂
~鍼灸パルシェ~

住所ж 新潟市中央区大島151-4
     グリーンホームズⅠ103
(女池ICから車で5分  新潟中央インターから車で3分   
大島・・・鳥屋野と親松の間にあります)

電話ж 025-281-1353
メールでのご予約ж parchez@parchez.jp

診療日* 火曜~土曜 (日・月お休みさせて頂きます)
時間* 9:00~18:00

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●





↑このページのトップヘ