鍼灸パルシェ 東洋医学で日々の暮らしをポジティブに

鍼灸師の知識と、本から得た着想をヒントに、皆様が「ごきげん」に暮らせるヒントを発信中

カテゴリ:東洋医学いろは > (過去回のまとめ)東洋医学に触れてみよう!

寒さが本格化してきた12月。
「寒い」と言うだけで、体調が一階級、落ちた気持ちになるのは私だけでしょうか。

女性にとって、天敵の冷え。

今日は、足元の冷えについて書きたいと思います。

足を冷やすことは、健康によくないよ!という言葉は知っていても、
その先にある

なぜ?の理由を
知らないと、なかなか実行することが難しいのが人間です。

寒さが本格化してきた今だからこそ、
しっかり足元を温めることをしていただきたい!

今日は、そんなお話です。



東洋医学には、「虚熱」という考え方がある

私は、東洋医学のいろいろな考え方の中で、
この「虚熱(きょねつ)」の存在が好きです。


普段、鍼をしながら、何を考えているかというと、
8割くらい、この「虚熱の行方」を探しています。


「虚熱」というのは、東洋医学独特の存在ですが、
「偽物の熱」「間違ったことをしてしまうの熱」のこと。

足元が冷えて、頭がのぼせる時、
この、のぼせの部分にある熱が、「虚熱」です。
(万人がそう!と断定できないのが、個人を相手にしている東洋医学。大方、そういう方が多いよ〜というニュアンスをご承知ください)



体の中には、無数のルールが存在し、それを私たちは、生理学や病理学といった分野で勉強します。
実は、鍼灸師も、看護師や薬剤師並みに、体の仕組みを勉強します。

この基本ルールに従って、動いてくれる熱は、「正しい熱」として扱い、
心臓から流れる血液に乗って、上手に体の中を循環してくれます。



しかし、東洋医学にはもう一つの熱、「虚熱」の存在があります。
この「虚熱」は、なかなかの自由人でして…
体のルールを無視して自由気ままに体の中を動き回ります。

まるで、我が息子、とっくんの行動みたいに…


「あなたは、足元を温める担当ですよ!」と言われているにも関わらず、


こめかみに行きたくなると、頭痛を引き起こしたり、
胃に行きたくなると、過食になったり、
肩に行くと、肩こりになったり…


ちょこまか、ちょこまか、自由自在に、体の中を動き回ります。
そうすると、肝心の担当箇所が手薄になり、

熱がなくなり、
働きが落ちるので、
そこを主に体の不調が起こっています。


本当は、そもそもの虚熱の始まりは小さな不調が先で、
そのせいで、虚熱が生まれ…
悪さが悪さを引き起こし、
だんだん大きな悪事となっているので…
小さな不調から大切にしてあげることが養生につながります。



鍼灸師の私は、
毎日いろんな方の、悪さの根源の虚熱くんを、
元の場所に返す作業を、せっせと行っています。



肩こり、頭痛、のぼせは、足元の冷えを退治すると良い

この「虚熱」の厄介なところは、
間違った行動は取るけれど、「熱だ」と言うところ。


足元は冷えていて、上半身は暑い。
だから、自分は冷え性ではないと思っている方や、
よく汗をかくから、寒がりではないと思っている方。


それは、「正しい熱」ではなくて「虚熱によるのぼせ」であると言うこと!



のぼせは、虚熱の行き過ぎた事で起こる場合が多いです。
そして、これがさらに行きすぎると、
正しい熱も、虚熱の熱もなくなり、完全なる冷えに突入してしまいます。

全身が冷える寒がりさんは、
もしかしたら、虚熱まで使い果たした後の可能性も!!!



ですので、のぼせばかりに目を向けるのではなくて、
その裏に隠れている冷えをしっかり自覚して、
足元をしっかり温めることが大切なのです!


足元を温める事で、
虚熱くんが、元の場所へ帰りやすくなります。

基本は熱。
虚熱くんは、暴君ではあるものの、
自然の摂理に従って、上へ昇りやすい傾向が。

下へさげるために、
足元を温めることが大切です。



私は、レッグウォーマー好きなので、
自宅でも裸足でレッグウォーマーをはいています。

仕事中は、火を使わないお灸を、こっそり三陰交に張っている日も!


もし、お時間がある方は、足湯などで、じっくりじんわり、深いところまで熱を入れてあげることも大切です!

そんな時間が取れないよ〜と言う方は、
レッグウォーマーや
火を使わないお灸、
ぐるぐる足首を回すだけでもOK!

常日ごろから、足首を温める習慣を身につけておくと、

冬場の肩こりや
頭痛持ちの方、
更年期ののぼせなどにも効果的です!


是非是非!お試しください!




寒くなりましたね…

今年は、半袖からセータへ
こんなワードが当てはまるような、急な冷え込みで体がパニックを起こしています。


今年は、急激な冷え込みによる
冷えのぼせによる症状が多発しています。


異常な肩こりであったり、
体のだるさ
ため息が出るやる気のなさ…

この肩こりは、労働による肩こりではなくて、
体に冷えが侵入したことによる肩こりです。




子供たちの間では、扁桃腺が腫れる風邪が流行っているそうです。
喉が腫れる風邪症状は、喉のあたりに熱が停滞することで痛くなります。



扁桃腺の腫れも
この秋の肩こりも
起こる体の仕組みは一緒です。


熱が停滞する場所が、喉なのか、肩なのか。

ちょっと専門的な話になると、
どの経絡に熱が停滞するのかによって、現れる症状が違います。




熱の停滞とは?

熱が停滞する原因は、外からの冷えが侵入してきて起こります。


体の中に住んでいる熱 VS 侵入者の冷え 


【秋の冷えの陣】とでも、名付けましょうか。

この戦いにより、冷えが優勢になると、
熱の領地からどんどん上へ追いやられた熱軍が
喉のあたりに集合して起こりうるのが
扁桃腺の風邪の原因です。


この場合は、だいたい、胃腸からの冷えの侵入により起きるので、
夏の間に胃腸を冷やした子に起きやすいです。
(体質もあるので、必ずではありませんが…)



足元から冷えが侵入し、
熱軍が肩周辺に追いやられると
この時期の異常な肩こりになるので、
この場合は、足元から冷え軍が陣地を広げてきたことが原因です。




【秋の冷えの陣】の戦いで

熱軍が勝利する子は、風邪を引かず。
冷え軍が勝利してしまうと、風邪を引いてしまう。


東洋医学ではこんな感じで、
熱と冷えの攻防戦を
どの場所で、どんな勢いで、どこから侵入してきて、どこへ逃げたのか。



これを、元通りにしてあげることが私の仕事です。
交通整備のようなものですね!




体で起きている仕組みが理解できると、
今はどこを温めたら症状が楽になるのか、を知ることができるので、

家族みんなの健康管理に繋がります。



今、喉の風邪をひきそうな方は、是非おへその上やお腹周りを温めてあげてください!

異常な肩こりの方は、足元を温めると同時に
肩甲骨をぐるぐる回して、
肩周りにたむろしている熱軍を全身に巡らせてあげてください!

ゴリゴリいうくらい、大きく大きく肩を回すことがポイントです。



逆を言えば、肩にたむろしている熱軍が全身に散らばるので、
冷え解消にも繋がります。

足元が冷えて困っている方も、
ぜひ肩を回してあげてくださいね!!!!



明石家さんまさんは、
風邪を引きそうと思ったら、
脳内で風邪のウイルスを自分の体から追い出すシーンをイメージして
実際の風邪症状をも、和らげてしまうそうです。

ほんまでっかTVで、誰かしらの先生が
実際にイメージによる病の克服法があるとお話されていました。



体の冷えや熱も同じこと。

ぜひ、脳内で肩の上に熱軍がいることを想像して、
足元にこの熱を運んで上げるイメージをして、
今年の急激な冷えに打ち勝ちましょうね!!!



※熱軍と冷え軍のイラストを描こうと頑張ったけど…
私の画力では難しくて諦めました…







 

先日、Instagramでもご紹介しましたが、
今週金曜日10月6日、BSNラジオ「高橋なんぐの金曜天国」
がんばれ母ちゃんというワンコーナーに出させていただくことになりました。
9:35分から10分くらい
ちょろっと参加します!



コーナーに出るにあたって
ディレクターさんからこんな一言がありました
「東洋医学ってなんですか?」

こういうストレートな質問って、なかなか受ける機会がありません。

パルシェで出会う方は、
鍼や東洋医学が好きという
前段階の調べ物をされてから来院される方がほとんどですし、

私の友人たちも
こんなド・ストレートな質問を投げかけてくれる方がいなかったので、
ものすごく良い質問をいただきました。

比較的女性は、美容と健康に興味がある方が多いので
どこかしらで東洋医学知識に触れる機会があったと思いますが、
確かに、男性だとになかなか触れる機会がないですよね

こういう方にこそ、鍼灸や東洋医学をビシッと説明したい!!!!!!
変な闘争心が込み上げてきました。


鍼灸というワードだと、
「肩こりや腰痛で筋肉の凝り固まっているところに刺して和らげる」
東洋医学に興味なさそうな男性には、このようにお答えをすることがあります。


しかし、「東洋医学」というワード。。。
どう説明していいのでしょうか…



よく使われる言葉として

【自己免疫力を高めて、病を治す考え方】
→ ジコメンエキリョク???分かるような分からないような…
そもそも健康に興味なかったら、自己免疫力っていう言葉に出会っていない自分がいるので、
山本的合格ラインには達していませんでした❌


【中国発祥の医学】
→ だから何?って思いません?笑 私だけかな〜?笑
そもそも、健康に興味がなければ、西洋医学はどこ発祥とか意識するのでしょうか。
そして、申し訳ないけれど、今の中国は少々イメージがよろしくない…❌


補足ですが、東洋医学レベルが少しある方なら感覚としてわかっているかもしれませんが、
東洋医学や鍼灸は、アジア人がアジア人に合うように継承されてきた医学なので、
日本人にはよく合っていると、私は思っています。




【薬を使わないで治療する】
→ 分かる。分かるけれど。
私は、薬否定派ではないので、今現在も併用してこられている方、たくさんいます。
そして、「じゃ、薬飲むの抵抗ないから、俺には関係ないね」って思われるのも悔しい…(勝手な私の妄想の世界より)
薬も必要だし、自分でなんとかするという部分も両方必要だと思います。





どれにおいても、間違ったことは言っていないのですが、
多分私が素人だったら、
納得はいっていないだろうなと思っています。


山本得意の、難しい文章の引用を行いますと
西洋医学が、微細を極めた分析を行い、局部的に綿密な研究を成し遂げているのに反し、東洋医学はあくまで総合的に生体を全機的に把握しようと試みている。常に経験を重んじ、個人衛生に焦点を置き、個人医学として発達を遂げてきた。患者の自覚症状を重んじ、病める患者の病態をつぶさに観察して、「証」を決定して治療に直結させる方法(途中の文を省略して引用)
…………なるほど………



次!!!!
わかりやすいな〜と思ったのは、小林製薬さんの「命の母」のHPです。
中国で数千年以上前から用いられてきた伝統的な治療法が東洋医学です。東洋医学の特徴は、病気や症状を「からだ全体のもの」としてとらえることです。例えば、目が痛いとき、西洋医学では「部分」である目を検査して、その「部分」を治療します。しかし、東洋医学では、目だけではなく、そのひとの「からだ全体」を診て、「からだ全体」のバランスを整えることによって自然治癒力を高め、病気を治していくのです。


まとめると
・中国から伝わる歴史ある治療法
・からだを全体のものとして捉える
・バランスを整える
・自然治癒力・自覚症状を大切する
・体質を大切にする

この辺が、キーワードになってくるのでしょうか。


何度も何度も、考えました。
言葉選びって難しいですね。
今ブログを書いている現在の答えはこちら!

「東洋医学ってなんですか?」


①西洋医学は「問題のある場所」に注目して治療するのに対して、
東洋医学は、
疲労感や冷え性などの本人の自覚症状、

そして、体質を考慮に入れながら、
病気や症状を「からだ全体」の問題として捉えて行く医学です




②東洋医学とは、中国から伝わった歴史ある治療法で、
医学といっても、病気だけをみるものではなくて、
疲労感や冷え性など本人の自覚症状、そして体質を考慮に入れながら、
体全体のバランスを整えていく医学です


①の方がシンプルにまとめてみたのですが、
ちょっとは抽象的なニュアンスがないと
硬くないですか?

やっぱり私は、東洋医学人間なので、ちょっと抽象的な要素が欲しい。


①が分かりやすい!と言われることが多かったのですが、
私は②が好きなので、残してみました笑


人様に伝わってこそ、お役に立てる世界なので、
個人の意見はブログ内に収めておきます…


どうでしょうか!!!!
伝わりますかね???

今日は水曜日。
金曜日まで、もう少し練り直しながら、
皆様の感想をお待ちしております。




鍼灸師として体を見るときに
とても大切にしているポイントがあります。


この方は…元気を作り出せないタイプなのだろうか?
それとも…身体中の元気を使い切ってしまうタイプなのだろうか?




この2つのポイントは
目の前で起きている現象は同じことだけど

鍼をする上でも、
日常過ごす上でも、

真逆のことを気をつけなければいけません!!

ですので、
自分の体で起きていることの原因を知ることは
ものすごく大切なことです。




お金に例えてみました!

目の前に1万円があります。

この1万円は
ようやく貯まった1万円!

学生の頃って、バイトで貯めた1万円って重い価値がありましたよね!
たまに実家に帰って、祖母からお小遣いもらうと、「わー!何時間分の時給だー!」って思った記憶があります。


こういう時って、無駄な浪費をあまりしません。
考えて、考えて。。。

体でも一緒です。
自分の体があまり丈夫ではないと自覚している方ほど、
溜まった元気を無駄使いしないように
気をつける方が多いように感じます。



一方、今ある1万円は、浪費した後の1万円という方もいらっしゃいます。

結構私も無駄使いが多い方なので反省すべき点が多いのですが、
お給料入ったし、買っちゃえ〜!ってタイプは
体でも同じことをしている方が多いかも!?

疲れたらグダーッとするけれど、
元気になったらなっただけ、
鍼をしたら元気になっただけ

あれもこれもしちゃうタイプは
体の元気も使い切ってしまいます。


同じ事実、財布に1万円がある!という場合でも、
そこに至るバックグラウンドストーリーは違います。


だから、その方のお話をしっかり聞いて
どんな暮らし方をしているのか
どんな体質なのかを把握することは
とっても大切なことなのです。



ようやく1万円を生み出せたタイプの方は
生成不足といい、
言葉通り
元気や血を作り出すのが苦手だよねというタイプ
胃腸が弱い方に多いです


浪費家タイプの1万円は、
消耗過多といい、
せっかく鍼しても
稼いだ分だけ使ってしまって
生活費まで手を出しちゃうタイプ


自分でどちらのタイプだと思いますか?


先ほどもちらっと書きましたが、
作り出すのが苦手なタイプの方は
自分自身がちょっと体が弱いことを自覚している方が多いです。
色々気をつけて暮らしている方が多いなと思います。
主に胃腸の働きを大切にして
少ない量でもしっかりと栄養が取れる暮らしをすることが大切です


少し考えて欲しいことなのですが、
体が弱いという自覚は大切です。
しかし、
必要以上に怖がっているなと感じることもあります。

すぐ疲れるから運動を避ける
のではなくて、
今の体力で、できることはなんだろう

今の体力を上げることを望むのではなくて、
維持する、落とさないようにするには
どうしたいいのだろうと
考えることは必要だと思います。




ちょっと問題が多いのは、
浪費家タイプの皆様です

自分は元気で体力があることを過信して、
貯金分だけでなくて、生活費まで手を出してしまうので、
ふと、緊張が解けた時や、無理が行きすぎた時に
ガクンと体調を崩しがち
バブルが崩壊したが如く


バブル崩壊直後は、一生懸命養生していても、
景気が回復してくるとすぐに動き出したくなります。

泡銭はすぐになくなるっていいますもんね〜


だんだんと、回復するまでに時間がかかってくるようになり、
また、一度崩してしまった体調を元通りに戻すには
時間がかかります


何事も「ほどほど」が大切です。

こちらのタイプは、
じっとしていることが苦手だったり、
休日を休息と思っている方に多いようです。

休日でも、動き回っていたら休息ではありません

休み方をしっかり勉強しましょう
こんなに怠けていいのかな?
って思うくらい、しっかり休んでください。
きっと、そんなに怠けていませんから大丈夫です♪



「女性は血をもって本と為す」
→女性の体は、血が本当に本当に大切です

という言葉があります

血が作られにくくても体調を崩すし、
血を消耗しすぎて結果的に足りなくなっても体調を崩します。



上質な血を体に蓄えておくためには

良い休息、良い栄養、
考えすぎない、悩みすぎない
スマホを見過ぎない

こんな普通のことが何より大切です。



もちろん、健康を維持するということが全てではないと思っています。
無理してると分かっていても
やらなきゃ行けないことや叶えたいことがたくさんある皆様を
応援するのがパルシェの役目です
何回でも注意させていただきます!

ぜひ、楽しく暮らすための土台として
自分の体質にあった暮らし方を知ること。

自分を知るって大切だなと思っていただけたら嬉しいです。


山本大好き、嵐が休止してからもう1年…

皆さんの悪魔の囁き
「BTSかっこいいから見なよ!!」 
絶対、頑固として見ないようにしてます。



こんなことを話していますが、
真面目な鍼灸院ですので
ご安心ください。


前回の記事で
「鍼灸はバランスを大切にしてますよ」と、お話しました。



このバランスという部分をもう少し紐解いていきたいと思います。

私たち鍼灸師は、このバランスを
「陰陽バランス」と呼んでいます。

若い子の間では、
陰キャ(陰キャラクター)、陽キャ(陽キャラクター)
という言葉があるようで。

私的、陰陽の使い方がバッチシ身についている!と感心していました。


陰キャとは→大人しい子、本を読んでいるのが好きな子
陽キャとは→活発な、目立つ子
と呼んでいるそうです。


学生の時って、なんとなく陽キャが目立っているので
クラスのリーダー的存在になりがちですが、
世の中は陰と陽のバランスで成り立っているということを忘れてはいけません。

バランスの良いクラスや仲間というのは
目立つ陽キャの裏に、支えている陰キャが必ずいます。


バランスの良いグリープといえば!
そう、嵐ですよね♡

嵐は、とても陰陽バランスの良いグループだと思います。

それは、
陽キャのMJ松潤と翔ちゃんがいて、
陰キャのニノと大ちゃんがいる。

真ん中を中庸と言うのですが、
天然の相葉ちゃん

陰陽どちらにも傾くことができるのですが、
どちらかといえば、陽キャに分類されると思います。


陽キャだけのグループだと、落ち着きのない暴走してしまうグループになるし、
陰キャだけのグループだと、芸能界という荒波を乗り越えられなかったでしょう。

陰陽のバランスが取れていて、
そしてちょっと陽に傾いている。

そんなグループだからこそ
国民的スターまで登り詰められたと思うのです。


陽があってこその陰であり、
陰があってこその陽である。


これは、人間関係や家族関係でも言えることですが、
実は、体でも同じことが言えるのです。


私たち鍼灸師の得意技、

「内臓の働きのバランスを整える」という視点においても

暴走している陽キャな内臓を沈めて
ぼーっとしている陰キャな内臓を起こしてあげる


食べ過ぎな胃を沈めて
疲れ切っている腎を起こしてあげる


体を陰陽に分解して、
鍼とお灸を使って
凸凹道を平にしています




現代人は、おおかた、働き過ぎ、活動しすぎ、考え過ぎなど


陰=休息が足りない方が、ほとんどだと思います。



・じっとしてられない動き過ぎな性分であったり
・ストレスがいつも以上に多く体にかかっていたり
・ゲームや動画の見過ぎだったり

これらは、いわゆる「陽」の活動です




この活動と休息のバランスというのは、時間軸のお話ではありません。

休息時間=睡眠時間7〜8時間
活動時間=16〜17時間

時間だけでいうと、1:1にするのは、かなり難しいです。


ですので、陰陽バランスは「日々の過ごし方」で比較して頂きたい。

人それぞれ、
体力も年齢も違います。

誰かの基準で健康を考えると
どこかしら狂いが生じますので、ご注意を!




自分の中で「忙しいなと思う週」は、

やっぱり夜を早めに寝るとか、
週末ゆっくりするとか。


そして、
パルシェを予約するとか⭐️⭐️⭐️

パルシェも休息、陰を補給する場所です。


休息が必要だってわかっていても
現状、取れない方がたくさんいることは、よ〜く分かっています。


無理なものは無理ですよね。
自分だけの都合で、1日のスケジュールを決めることができません。




ただ、無理なことだけど、体にとっては休息を取ることは必要です。



ですので、自分でできることで、陰を補えばいいと思うのです。



料理が好きな方は、食べ物で陰を補ってみたり、
早起きが得意な方は、朝10分だけ早起きをして、ボーとする時間を作ってみたり。
運動が好きな方は、ヨガもいいですね!

もちろん、パルシェを予約するでもいいと思うのです笑





休息で陰を補うことが一番大切なことではあるのですが、
忙しい現代人はできないことも多いんです。

ですので、自分に合った
別の策で陰を補うこと!
とても大切なことだと思います。

自分にできる、陰を補う方法は何か必ずあるはずです!
一緒に探していきましょう!



そして、自分の息抜きというのは、
ぜひ、仕事や予定が落ち着いている週に行いましょう!


夜遅くまで動画を見るとか、お酒をのむとか。
買い物も必要だし、ランニングも大切です。





なんとなく過ごしていると365日、本当にあっという間です。

陰陽を意識した暮らし方をするだけで、
メリハリのある暮らし方になり、

ただ過ぎていく毎日が

明日は、どう過ごそうかな?
明日は、どう陰を補おうかな?

そんな風に考える日常は、なかなか楽しいと思うのです。

「明日は、晴れるからちょっと歩いて行こうかな♪」

それだけで、気分は違い、楽しみが一つ生まれます。

自分に合った陰を補う暮らし方
こんな、東洋医学的生き方、いかがでしょうか♪


 

↑このページのトップヘ