鍼灸師として体を見るときに
とても大切にしているポイントがあります。


この方は…元気を作り出せないタイプなのだろうか?
それとも…身体中の元気を使い切ってしまうタイプなのだろうか?




この2つのポイントは
目の前で起きている現象は同じことだけど

鍼をする上でも、
日常過ごす上でも、

真逆のことを気をつけなければいけません!!

ですので、
自分の体で起きていることの原因を知ることは
ものすごく大切なことです。




お金に例えてみました!

目の前に1万円があります。

この1万円は
ようやく貯まった1万円!

学生の頃って、バイトで貯めた1万円って重い価値がありましたよね!
たまに実家に帰って、祖母からお小遣いもらうと、「わー!何時間分の時給だー!」って思った記憶があります。


こういう時って、無駄な浪費をあまりしません。
考えて、考えて。。。

体でも一緒です。
自分の体があまり丈夫ではないと自覚している方ほど、
溜まった元気を無駄使いしないように
気をつける方が多いように感じます。



一方、今ある1万円は、浪費した後の1万円という方もいらっしゃいます。

結構私も無駄使いが多い方なので反省すべき点が多いのですが、
お給料入ったし、買っちゃえ〜!ってタイプは
体でも同じことをしている方が多いかも!?

疲れたらグダーッとするけれど、
元気になったらなっただけ、
鍼をしたら元気になっただけ

あれもこれもしちゃうタイプは
体の元気も使い切ってしまいます。


同じ事実、財布に1万円がある!という場合でも、
そこに至るバックグラウンドストーリーは違います。


だから、その方のお話をしっかり聞いて
どんな暮らし方をしているのか
どんな体質なのかを把握することは
とっても大切なことなのです。



ようやく1万円を生み出せたタイプの方は
生成不足といい、
言葉通り
元気や血を作り出すのが苦手だよねというタイプ
胃腸が弱い方に多いです


浪費家タイプの1万円は、
消耗過多といい、
せっかく鍼しても
稼いだ分だけ使ってしまって
生活費まで手を出しちゃうタイプ


自分でどちらのタイプだと思いますか?


先ほどもちらっと書きましたが、
作り出すのが苦手なタイプの方は
自分自身がちょっと体が弱いことを自覚している方が多いです。
色々気をつけて暮らしている方が多いなと思います。
主に胃腸の働きを大切にして
少ない量でもしっかりと栄養が取れる暮らしをすることが大切です


少し考えて欲しいことなのですが、
体が弱いという自覚は大切です。
しかし、
必要以上に怖がっているなと感じることもあります。

すぐ疲れるから運動を避ける
のではなくて、
今の体力で、できることはなんだろう

今の体力を上げることを望むのではなくて、
維持する、落とさないようにするには
どうしたいいのだろうと
考えることは必要だと思います。




ちょっと問題が多いのは、
浪費家タイプの皆様です

自分は元気で体力があることを過信して、
貯金分だけでなくて、生活費まで手を出してしまうので、
ふと、緊張が解けた時や、無理が行きすぎた時に
ガクンと体調を崩しがち
バブルが崩壊したが如く


バブル崩壊直後は、一生懸命養生していても、
景気が回復してくるとすぐに動き出したくなります。

泡銭はすぐになくなるっていいますもんね〜


だんだんと、回復するまでに時間がかかってくるようになり、
また、一度崩してしまった体調を元通りに戻すには
時間がかかります


何事も「ほどほど」が大切です。

こちらのタイプは、
じっとしていることが苦手だったり、
休日を休息と思っている方に多いようです。

休日でも、動き回っていたら休息ではありません

休み方をしっかり勉強しましょう
こんなに怠けていいのかな?
って思うくらい、しっかり休んでください。
きっと、そんなに怠けていませんから大丈夫です♪



「女性は血をもって本と為す」
→女性の体は、血が本当に本当に大切です

という言葉があります

血が作られにくくても体調を崩すし、
血を消耗しすぎて結果的に足りなくなっても体調を崩します。



上質な血を体に蓄えておくためには

良い休息、良い栄養、
考えすぎない、悩みすぎない
スマホを見過ぎない

こんな普通のことが何より大切です。



もちろん、健康を維持するということが全てではないと思っています。
無理してると分かっていても
やらなきゃ行けないことや叶えたいことがたくさんある皆様を
応援するのがパルシェの役目です
何回でも注意させていただきます!

ぜひ、楽しく暮らすための土台として
自分の体質にあった暮らし方を知ること。

自分を知るって大切だなと思っていただけたら嬉しいです。