こんにちは。
新潟市中央区大島の女性のための鍼灸院。

鍼灸パルシェです





今日は土用丑の日です

スーパーなどでも鰻をたくさん目にしますね



unagi_ph01


土用!土用!と呼んでいますが

この土用の丑の日というのも
東洋医学の考え方から来ているものなんですよ!



「五行説」という森羅万象を5つに分類する考え方があります。
そこでは・・・

木・・・春の象徴
火・・・夏の象徴
土・・・季節の変わり目
金・・・秋の象徴
水・・・冬の象徴


5つに分類されています。


は、季節の変わり目を表しているので、夏だけではなく実は年に4回あるんです




eto-04









丑の日のは、十二支の丑をさします
昔は、日にちや時間などを12個に分け、十二支で表していました。

土用期間中、丑に当たった時が、まさに土用の丑の日となるんです。




『丑の日に う のつく食べ物を食べたら病にならない』
と言われていたことに目をつけ、夏バテしないようにとウナギを食べる習慣が生まれました。




土用というのは東洋医学ではとても大切な期間。
夏だけにあるものではなく、
各季節の合間合間に必ずあるいわゆる季節の変わり目をあわらしているのが土用です。


今年の夏土用は7月20日〜8月6日まで。
これが終わると暦の上ではがやって来ます!!



土用の期間は、季節の交代を行う大切な期間。
自然界も人の体も次の季節に合わせて大きく揺れ動く期間とされています。


土用は土の神様の力が大きくなるので
土いじりはタブーとされています

昔は、農家さんや水道や道路の工事などは
土用の期間はお休みになるところもあったそうですよ



hat02





土いじりだけではありません
この期間は

大きな決め事はしない方がいいと言われています。



次の季節に備えて、じっくり準備する2週間。
そうすることにより、次の秋を快適に迎えられるそうです!!



最近は、暦と季節感は大きくずれているように感じますが、
不思議と土用の期間は、患者さんが多くなるんです

体は、素直に季節の変化を受け止めているんでしょうか?




土用の丑の日に、
うなぎを食べて夏バテ防止もいいですが、
胃腸が弱い人、ちょっと夏バテ気味な人はうなぎは控えめにして、
枝豆やオクラ、トウモロコシの方が胃腸への負担は少なく
体は喜ぶと思いますよ♡


季節感を大切に暮らすことは
東洋医学の養生に繋がります。

暑すぎる7月に負けないように
揺れ動く土用をしっかり乗り越え
秋が来る日を心待ちに過ごしましょうね


鍼灸パルシェ ホームページはこちら♪

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

新潟市中央区大島  女性のための鍼灸院
⁂ 体よろこぶ。心わらう。⁂
~鍼灸パルシェ~

住所ж 新潟市中央区大島151-3
     グリーンホームズⅡ206
(女池ICから車で5分  新潟中央インターから車で3分   
大島・・・鳥屋野と親松の間にあります)

電話ж 025-281-1353
メールでのご予約ж parchez@parchez.jp

診療日* 火曜~土曜 (日・月お休みさせて頂きます)
時間* 9:00~18:00

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●